牧工房の扱う主な素材

ハーブ&植物素材
徳島の阿波池田と高知の自家畑のハーブや、綺麗な野山の薬草、果実。

蜜蝋&蜂蜜
阿波池田の山、吉野川を見下ろす”シンヤマ”で叔父たちが大切に護り育てる日本ミツバチ&西洋ミツバチ達の恵みをいただいています。

海洋深層水
二千年かけて室戸沖に湧き上がる海洋深層水は、必須微量元素など成分を含有

海藻
高知の土佐湾で、高知の大学とキリンサイプロジェクトによって育てられた海藻です。ビタミン&ミネラル、特にβカロチン、カリウム、レクチンが豊富に含まれている海藻『キリンサイ』を使用しています。

ニガリ&ミネラル塩
黒潮町で工房の目の前の海に大潮の時に上がって来た海水。その海水で完全天日干し塩を手作業で作る『土佐の塩丸』の苦汁とミネラルの濃縮されたミネラル塩を使用しています。

微生物&海藻酵素
高知の須崎の微生物研究所『上田微生物』で育てられた乳酸菌を主とした微生物群と、海藻を素にした酵素を使用しています。

エッセンシャルオイル 
100%天然である事は勿論、輸出前、輸入後に精密分析機械を使用して成分を分析し、そのデータを公開している、プラナロム社のケモタイプ精油を中心に使用しています。*ロット数、国内検査証入り。

ハーブ蒸留水
昨年蓼科で出会ったハーブの会社、山梨県の『株式会社 健草医学舎』。人里離れた山間のハーブ畑で完全無農薬有機栽培で育てられたハーブと良質な地下水、しっかりと管理された工房で制作された蒸留水を使用しています。*ロット数、国内検査証入り。

生体融合型光触媒(シルク含有アパタイト被膜二酸化チタン)
光触媒とは?汚れや最近などを水と二酸化炭素に分解する物質の事。生体融合性光触媒は、酸化チタン=光触媒をシルク含有アパタイトで被膜することにより、直接肌に触れても安全に加工したものです。牧工房のほとんどの商品に使用。光触媒を使用を始めてからオイルの酸化が遅くなり、保存性がグンっとアップしました。*牧工房の商品は光触媒の、化学物質やウイルス、細菌を分解する特徴を活かした商品です。

ニガリ&ミネラル塩
黒潮町で工房の目の前の海に大潮の時に上がって来た海水。
その海水で完全天日干し化石サンゴ。与那国島の希少な化石サンゴを平均2ミクロンに微粉末化。カルシウムをはじめ6種類の必須ミネラルと、マンガンほか3種類の微量ミネラルをバランスよく含んでいます。塩を手作業で作る『土佐の塩丸』の苦汁とミネラルの濃縮されたミネラル塩を使用しています。