南インド ケララ州でアーユルヴェーダのパンチャカルマ治療21日間-①

5年ぶりのインド!

ふう・・・やはり海外に出るだけで・・・魂と五感が生き孵ります!!!

5年前は北インドのリシケシでアーユルヴェーダの基礎学習。

2年前はスリランカのアーユルヴェーダDr.の家にホームステイしアーユルヴェーダ治療。

今回が3回目となるアーユルヴェーダ治療ですが、本格的なパンチャカルマ治療は初めて。

とは言え、本来は90日間の治療の21日短縮版です。1ヶ月にも満たない短期滞在の為やむなし。

次回は45日間のハーフ版を受けよう・・・そしてその後にアシュラムに・・・

すでに次回の予定を思い描きつつ帰国しました。

さて、今回はデリー経由でケララ州のコーチン空港から直行でクリニックに。

空港にお迎えのタクシーをお願いしていましたが・・・空港を出てお迎えの人たちの中を何往復もして探しても私の名前を持った運転手さん居ません!

空港内には戻れない;フリーSIMカードにしてない;このご時世公衆電話が無い;

どどどーしよー!?

でも、ちゃんと外にも先払いタクシーサービス在りました!

クリニックに電話してもらってなんとか行ける!

助かりました~!

タクシーでクリニックまでは約2時間。

クリニックに着いて直ぐにDr.Sankarにお会いし早速問診触診です。

問診に直ぐに答えられる自信が無かったので、予めメールで問診内容を送ってもらっていました。

なので書き込んだ用紙をDr.に渡しそれを見ながらの問診に。Dr.の英語は解りやすくまたこちらの答えも待ってくださるのでとても助かりました。

脈診、触診もしっかりと。

先ずは、リンパの流れを良くするパウダー治療と、首周りのオイルマッサージからスタートすることに。

「最初は全身痒くなることもあるけれど、好転反応なので心配しないで大丈夫!」というDr.のお言葉にワクワクです。

3日おきに問診し様子を見ながら治療方法を変えていきます。

治療は常に2人の治療士が担当します。基本的に最初から最後まで同じ2人が担当。

治療室に入って先ずは紙製の褌一丁に着替えます。

最初のパウダー治療は治療台に横たわり、ハーブの粉がブランドされた白っぽい粉(しっとりした粗めの粉)を全身にふりかけながらマッサージ。全身スクラブです。

2人掛かりで少し痛いくらいにゴシゴシ!ガンガン!マッサージします。

上向き、横向き(左右)、うつ伏せの体制で粉をまぶされつつマッサージ。なんだかこれから唐揚げになりそうなくらい全身粉だらけ。

30~40分は経ったでしょうか・・・強いマッサージで全身ホカホカに。その後その部屋のバスルームで緑豆の粉のペーストで顔から全身スクラブして洗い流します。

その後に首のマッサージ。上半身だけ裸になって首から肩にかけてオイルを塗りハンドマッサージ。初日は時間がなかったのでこの2つの治療を続けて行いましたが、この首マッサージは基本午後に行います。

最初の4日間ほど知らずにいたのですが、治療中はお風呂(バスタブはもちろん無し)の入り方も制限されます。

とにかく冷やさないように。

私の場合は

「午前中のトリートメント後しかお風呂に入ってはいけない。」

「キッチンから汲んでくるハーブ湯を使うこと。」(シャワーは水しか出ないのと、水道水は塩素が入っている為)

なので、夜は仕方なく手ぬぐいにティートゥリーオイルを染み込ませて身体を拭く。

ほこりっぽいインドではこれは結構辛い・・・

でもトイレにお尻洗い用の水シャワーが付いているのでまだ助かった!

でも夜シャワーを浴びないと暑くて眠れない;Dr.の問診の際にそのことを伝えると途中から、

「午後もハーブ湯で身体のみならお風呂に入っていいことにしましょう!」に!やった〜!!!

しかしその後

「ナスヤ(鼻治療)の場合は頭を洗ってはいけない。」

が加わりました。。。

お風呂好きにはキツイ制限です;

ギー治療を行っているフランス人のデビは治療中(1週間)お風呂禁止!

ギー治療中は食事もおかゆのみ!

ヨガやアクティビティはだめ!

脳が反射的にギーを受け付けなくなり・・・吐いたり・・・

もうギーを飲む事も出来なくなって、おかゆも口に入らず、げっそりしていたデビですが、Dr.の魔法のような「エネルギー治療」ですっかり元気に。

でも「ギーもおかゆも受け付けなくなる」→「エネルギー治療」を何度も繰り返し。これが7日間!見ているだけでもかなり辛そうでした・・・

私は今回ギー治療は受けられず(各人の治療メニューは異なる)、でもデビの体質の話を聞くと私もこの治療必要な気がするのになぜ私はギー治療無いんだろう?と不思議に思ってDr.に質問してみました。

私の場合はもしギー治療を受けるとしたら、クリニックに来るまえに1ヶ月の菜食、3日間の絶食、毎日のヨガと瞑想をして身体と心を整えてからでないと無理とのこと。デビは元々ベジタリアンで若く体力があるから直ぐに出来るんですね。

本格的なパンチャカルマ治療は精神力と体力が無いと受けられない治療です。振り返ってみると私の今回の治療は精神的に弱っていて体力無い人向けの治療・・・だったようです。

タイトルとURLをコピーしました